<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

チームでやることがそんなに正しいの?

チームで何かを達成することは素晴らしいことだと思う。

同時に一人で何かを達成することも同じぐらい素晴らしいことだと思う。

だけど、この社会は集団行動を求めている。それが人の価値といわんばかりに…

一人で頑張ることはそんなに間違っているのだろうか?私はこの社会が一人で頑張ることを否定しているように感じてしまう。

確かに、社会に出ると色んな人間と関わらなければいけないからコミュニケーション能力は求められるだろう。だけど、一人で頑張って仕事をしている人と独りよがりで仕事をしている人が同化していないだろうか?

独りよがりはダメだと思うが、一人で頑張っている人間が否定されるのはおかしい。

皆で頑張ることは素晴らしくて、皆で協力しあうことが美徳とされ、皆で仲良くすることが推奨される。なら、一人が好きな人間や一人で努力してきた人間が悪人になるのはやはりおかしい。

 

 

私が就活中思ったことと会社を辞めた理由

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

てことで、今年の最初のブログのテーマは「私が就活中思ったことと会社を辞めた理由」にしました。

去年私は会社を辞めたのですが、その理由をダラダラ書いていきたいと思います。

私は大学4年生の時、就職活動をしていました。その当時の私はなんとなーく就職をしてなんとなーく生きていくんだろうなぁーと思っていました。皆が就活をするから私もする。そんな無思考な大学生だったと思います。だけど、違和感がありました。

それは皆がリクルートスーツに身を包み、髪型を短髪にしたり、黒ぶち眼鏡にしているという点でした。私は当時それがどうしても気持ち悪かった。(笑)

髪型なんて自分がいいと思う髪型にすればと思うし、リクルートスーツなんて着たくなけてば着なくてもいい。そう私は思っていました。

私は就活中髪は長髪だったし、リクルートスーツやストライプのスーツを区別なく適当に着ていました。

そして、就活が始まるわけですが、皆(人事の人、就活生)同じような言動や行動をするんですよね。(笑)

人事の人は皆同じような質問をする。就活生はあらかじめ考えてきたであろう模範解答を面接でしゃべる。

私は「なんなんだ。この茶番劇は?」と心の中で思っていました。まぁ、こんな茶番劇すら演じることのできない無能な学生は必要ないということなのかもしれません(笑)

でも、私はできませんでした。頑張ってはみたけどできない。

だから、公園に行って読書をしたりして逃避しました。(笑)

時間だけが過ぎていく~。流石にヤバいと思って就活をして売り手市場ということもあり内定をもらいました。

内定をもらっても「なんか生きてる実感がない」「空虚な人生だな~」と思いました。

時は流れ…大学をなんとか卒業して私は働きだしました。朝起きて、会社に行って、疲れ果てて帰り際にコンビニの弁当を食べて寝て、また起きて…そんな生活を繰り返していく中で、自分の心がすり減っていく感覚がしました。今まで、生きてきた大事なものが少しづつ削られている現実に自分は「何をやってるんだろう?」と思うようになりました。

何も変わらない現実に対して、「自分にはなにができるんだろう?」「自分はどうすれば少しは前向きになれるんだろう?」と日々考えるようになりました。

日々考えるようになった結果「今の会社にいるべきではないと思うようになりました。」現実は厳しいから自分の思い通りにはなりませんが…「前に進まないといけない。」「このままではいけない。」という感情がいつの間にか私を退社へと誘っていました。その選択肢が正しいのか正しくないのかは結果論でしか判断できませんが、私のプロセスは間違っていないと信じてこれからも頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

なんでコミュニケーション能力っているのよ?(笑)

就活や社会人の必須スキルとされるコミュニケーション能力。

本屋に行くと就活の参考書やビジネスマナーで必ず耳にする言葉になっていますが…そもそもコミュ力ってなんなんだよ?(笑)

なんで今の現代社会は過剰にコミュニケーションスキルを求めるようになってしまったんだろう?

昔はどうかは知りませんが…今の方がコミュニケーションスキルを求めている気がしてなりません。(あくまで感情的に思っています。)

例えば、メールの書き方や電話の応対など、新入社員の研修には必ずあるプログラムだと思うのですが、それらのやり方を1から教えないと社会に迎合できないというのは社会のレベルが高くなっていると思うのですね。

なんでこんなに社会のハードルが上がったのかなぁ~?

少し考える…

5分考えた…(笑)

おそらくは地域のコミュニティが崩壊したことが大きいと思うのですね。

昔は地域のコミュニティがコミュニケーション能力の低い人間を支えていた面があるのだけど、現代社会は核家族化の進行でコミュニケーション能力の低い人間が放り出されたのかなぁ~と。

だから、そんな人間に対してセーフティネットがないといけないのにもかかわらずそれがないからまずいよね!って話だと思うのですね。

コミュニケーション能力というものが至上主義化していてその能力がないと人とはみなされないような…不寛容な社会になってはいませんか?

 

 

 

料理って別に手間をかけなくてもいいんじゃない?

単刀直入に言うと和食とか洋食もそうなんだけど…とっても作るのがめんどくさいんですよね。(笑)

てことで、日本人の食のレベルはとても高いとは思うのですが、それを作る側としてはとてもめんどくさい…

そもそも論として肉とか加熱して塩コショウするだけでもとてもうまい!

それなのに日本人は手間をかけすぎている気がしています。

現代社会では男性と女性が核家族化の拡大やら女性の社会進出やらで家事を分担しなければいけないはずなのに女性の家事の負担が多すぎると思うのですね。

それなのに、女性に対して手間のかかる料理を要求するのはいかがなものかと…

昭和の時代であれば女性が家事をして男性が外へ出て働いて…みたいな役割分担で女性も家事だけをできたとは思うのだけど…今は無理じゃないですか。(笑)

そんな無理なことをしていても疲れるだけなので適当に手を抜いて楽をしていきましょうよ。(笑)

楽なことが悪だ!というのであればそれは社会が悪いだけですから…

 

 

 

 

就職したら安泰だと思っている人が一番危ない件

今の時代働いている会社が倒産したり吸収合併されるリスクが高いのにもかかわらず就職したら安泰だと思うのは早計だと思うのですね。

日本の場合は人手不足による倒産リスクも高いわけで…

会社によって守られている人は他の会社で通用するスキルを身に着けていないともし会社がやばくなった時…いや想像するだけで怖すぎる。(笑)

新卒の人気企業ランキング的なものを見るとわかるんだけど明らかに親の意見が反映されたランキングになっている気がしています。

金融が安定しているから金融…公務員が安泰だから公務員!的な…

要するに親の価値観=人気企業になっていると思うのですね。

だけど、これから先、どの業界が伸びるとかどの業種がいいとか親にわかるわけがないんですよね。(笑)

今の時代公務員が人気の職業になるわけですが…親の意見を聞いて公務員になったとしても公務員が将来安泰な保証なんてどこにもないわけですね。

てことで、親の意見なんか聞いても意味がないですし、社会が求めるスキルは時代と共に変わるわけですね。

もし、建築業が隆盛な時代は男性の筋肉量に需要があるわけだし、IT業界が隆盛な時はIT人材が必要となるわけだからプログラミング教育が必要だ!みたいなことになるわけです。

正社員に限らず、どんな雇用形態でも安泰とは限らない時代なので、リスクを常に頭に入れて行動するなりしたいとヤバいんじゃね~と思うのです。

 

 

 

 

やりたいことがない若者はどうすればいいのか?

若者でやりたいことがない人間が多すぎることに違和感を感じるんですよね。

そもそも論としてやりたいことがない人間なんて存在するのかな~?

例えば、若者であれば、彼女が欲しいとかプロのスポーツ選手にやりたいとか世界中を旅したいとか…いろんな願望というか…欲望があると思うのですね。

日本ではなぜかやりたいこと=職業になっているのが疑問ですが…(笑)

日本ではやりたいことを仕事にしなければいけないという強迫観念や労働観が強い気がしています。

お金を稼ぐ手段は自分で用意しておいて、やりたいことは趣味でやるという方法論もあると思うのです。しかしながら、趣味ですらなかなか思いつかない人が本当に多い。

そうゆう人って休日は何をしているのかが気になって仕方がありません。

やりたいことがない人が何かしたい!と思うのであれば、探して探して探しまくるしかないですね。

探す努力をすればいつかは見つかると思います。

 

 

やりたいことがないのは当たり前?

やりたいことを5つ思い浮かべてください…って言われても思いつかない…

そんな人はとても多いと思うのですね。

そもそも論として本質的に人間には願望や欲望があると思うので、何かをしたいという欲求はあるのですよ。しかし、それが何なのかがわからないっていうね。(笑)

一番効率よくそれを解決するのが「教育」だと私は思っていて…教育によって社会が求めているスキルを身に着けることが出来れば「やりたいことがない」という問題は解決できると思うのですね。

もし、今社会が必要としているスキルを身に着けたのならそれを身に着けていない人間から感謝されたり、お金を貰えたりすると思うのです。

でも、今の「教育」で本当に社会が求めている人間を生み出せているかといわれればどうだろう?

大学でスキルを身に着けて社会に出る人間と大学で何もスキルを身に着けていない人間…どっちが多いかといわれれば私は後者だと思う。

だとすると、社会で必要とされているスキルを身に着けていないわけだから社会的承認欲求をあまり受けることができない人間が大量に生産されてしまうと思うのですね。

結果、「自分は何がしたかったんだろう?」みたいな疑問が芽生えてきてしまう。

やりたいことを見つけるには「教育」なり「周りの環境」なりで変わるし、必要とされるものも時代によって変遷するのでなかなか難しい。

であれば、必要とされているスキルを身に着けていくことが大事になっていくと思う。

他者から必要とされれば、自信になるし、また頑張ろう!と思える。

仕事も貰えるようになっていき自分の「やりたいことがなんなのか」がわかるようになると思う。

やりたいことがない人間の方が大多数なんだからやりたいことがないのは当たり前であり常識なんじゃないのかと…しかし、スキルを身に着けることはできるんじゃないかと…