<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

人は人を食べて生きている…まさに共喰い

「自分がされたら嫌なことはしてはいけません。」よく学校の先生や親が言いたがるが…あれって嘘だよ。 自分がされたら嫌なことを皆平気でしてるじゃないですか。 私は今年で23歳になりますが、一歩引いて客観的に人間を観察すると皆平気で人を傷つけてる…「…

心の豊かさが欠如した世界

経済的に豊かになったこの国は街中に広告の看板が溢れ、店には大量の商品が並び、燃えきれない大量のごみが転がっている。 確かに、この国で仕事をしていれば餓えることはない。 だけど、毎日朝早くに起きて、毎日会社に行って、月末にお金が銀行に振り込ま…

心の距離感

人との距離感がわからない。 なかなか通じない、近づけない、出会えない。 他人が何を考えているのかを考えている自分…考えてもわかりもしないに考えている自分… 他人の時間を奪って会話することへの罪悪感… 「自分はいったい何をしているんだろう」と悩み苦…

親の心子知らず。子供の気持ち親知らず。

親の心子知らず…意味は「親は子供のことを心配するが子供はそれを知らず好き勝手なことをするということ」らしい。 本当に子供は親の心を知らないのだろうか? 私は親も子供も不器用なだけなのではないかと思う。 一人暮らしをしている子供に親が連絡すると…

子供の頃に想像していた大人の自分との矛盾

子供の頃に想像していた大人の自分は もっと自由きままに生きていて… もっと楽しそうで… もっと生きている実感がある人生を送っていると思っていた。 大人になると子供の頃のような笑顔は減っていき、笑わなくなる。 毎日朝早く起きて、会社に行って寝てまた…

なんで家計簿をつけるの?

家計簿をつける意味が私にはよくわかりません。 家計簿って月の支出がどうなっているのかを確認するものだと思うのですが、そもそも論として財やサービスを消費する時にその消費が本当に自分にとって必要なものなのかを考えていたら家計簿をつける必要性はな…

やりたいことがない日本人

やりたいことがないという日本人は多いと思う。 都市部では毎日学校や会社へ行くために満員の通勤電車で揺られながら通っているのではないだろうか。やりたいことよりもやるべきことを優先する民族なんだなぁ~と客観的に思ってしまう。 でも、本当はやりた…

世の中のシステムに組み込まれる辛さ

「世の中で生きるのは辛いものだよ」と言われているようですごい辛いし、違和感がある。そんな常識に押しつぶされている人も多いんじゃないかと思う。 「仕事が辛い」「学校でいじめられた」「体が痛い」そんなことを他者に訴えても大抵は「頑張ろう」「みん…

日本の働き方改革なんてものは欺瞞だ。もう会社になんて行きたくない。

寒気がする。 身体が痛い。 死にたい… なんのために生きているのかわからない。 働くために生きる毎日。 会社論理で生きる人間。 転勤は当たり前、出向は当たり前、残業は当たり前、そんな当たり前を受け入れている日本人…受け入れることが当たり前だと思い…

ロマンチックラブ?

近年の結婚システムといたしましては好きなもの同士が結婚をするというのが主流だと思うのですが、ロマンチックラブは本当に正しいのかなぁ~と。 昔は恋愛結婚ではなくてお見合いで結婚していたわけですが、恋愛結婚ってお互いが好きだというパロメーターが…

将来の仕事を子供のうちから決める?

将来の仕事を子供のうちから決めるというのは子供達の可能性を狭めてしまうと思うのです。将来の仕事を決めるということは現時点において存在する仕事を選択して決めるということだと思います。しかし、未来の仕事は今の仕事とは全く違う仕事になっていたり…

文系の大学はいらないと思っていた。

私は文系の大学はいらないと思っていました。 私は小学校、中学校にあるパソコン教室にときどき行っていたのですが、例えば、検索エンジンで鎌倉幕府が成立した年と入力すれば1192年とでるし、キリスト教伝来と入力すれば1549年とでるので暗記系の勉強はしな…

東日本大震災

私は映画などで観る津波の描写を楽しんでみていました。フィクションで観る津波はとても迫力があり面白かったからです。しかし、東日本大震災が起こって津波がリアルに起こった時の怖さとフィクションの津波を楽しんで観ていた時との大きすぎるギャップは私…

モラルか?それとも法律か?

日本は法治国家なのですが、日本人には決して超えてはいけない暗黙の掟が存在していると思うのですね。 例えば、サービス残業は訴えないとか、有給を取らないとか、車の免許はMT車で取れとか… 日本って法治国家なので、法律で明記されていないことは何をやっ…

女性の話を聞く男性

女性って男性と話をするとき、その話を聞いてほしいだけであって男性に結論を言ってほしいわけではないと思うのです。 しかし、男性の心理としては結論を言いたくなるわけで… だから喧嘩になったりすると思うのですね。( ´∀` ) で、今度は男性が女性の話を…

夢=将来就く仕事になっている件

保育園か小学校かは忘れましたが、将来の夢を子供に語らせてそれを記録に残すという行事がありました。その時なぜか子供達は将来の夢=将来就く仕事という形で未来のことを語ったりします。この点に関して疑問に思うのです。※私の場合はポケモンになりたい!…

過去に対するノスタルジーと未来に対する失望と希望

日本は戦争で負けた。 戦争で負けて広島と長崎では原爆が落とされた。 日本という国が焼け野原になってしまった。 その後、日本は高度経済成長期に突入した。 日本人の価値観としましては過去に対する絶望と未来に対する希望があった時代。 月日は流れ…21世…

学校も刑務所も会社もそんなに変わらない

学校も刑務所も会社も組織の論理で動くわけですが、学校でも刑務所でも会社でも集団主義であり、個人の考えを反映していくのが難しいと思うのです。 個人が「こうしたい!」「こうありたい!」と思っていても集団に迎合すると「こうしろ!」「これぐらいやれ…

牙と牙

ある人の牙とある人の牙とがぶつかり合うとお互いが傷ついてしまう。もし、どちらかが牙を収めたらどちらかが負けてしまう。 だから、人は牙を収めようとしない。 もし、お互いが牙を収めたらそれはそれで気持ち悪い。 じゃあどうすればいいんだろう? 牙と牙

移動が感動?

20世紀は「移動」が「感動」だったと思うのですね。 例えば、 新幹線は「夢の超特急」だと言われていたり… ライト兄弟は「人類の夢」だった飛行機の発明をしたり… 移動手段が画期的になるというのは「人類の希望」であり、人々は高揚し感動したと思うのです…

みんな…画面の世界に生きている

外の世界には外の匂いが… 自分の家には家族や自分の匂いが… 友達にも一人一人違った匂いがある。 世界には様々な匂いがある。 だけど…現代人はみんな画面の世界で生きている。 ゲームの画面。 携帯の画面。 私だってパソコンの画面で今ブログを書いている。 …

世間

世間というものは あなた達一人ひとり。 世間…

繰り返す日常の謳歌

そもそも、変わらない日常には感謝しないといけないかと… 世界では治安が悪かったり、戦争をしていたり、食料が不足していたりしますが、そんな国々と日本とを相対的に比べた時、幸せのハードルが他の国よりもこの国は高いと思うのですね。 他の国では「死な…

絶対なんかない。

今の「自分」が絶対じゃない。 自分が正しいと思ってた過去。 そしてそれが間違えだと気付く未来。 必ず人は後悔する。 「なんであの時、間違えに気付かなかったんだろう?」と… 人はその繰り返し… そのたびに自己嫌悪。そしてすぐにそのことを忘れてまた過…

眠るってなんだっけ?

あれ? 眠るってなんだっけ? そもそもなんで人間って眠るんだっけ? どうやって眠るんだっけ? あれ?眠り方を忘れてしまったよ。 人間って意識しているときから眠るという行為にどうやって移動するんだっけ? 考えれば考えるだけ眠れなくなるのについ考え…

善意が人を傷つける

自分ではいいことをしたと思っていても、実は誰かを傷つけている。 しかし、それは「悪」ではない。なぜなら、本人がいいことをしていると思っているからだ。 人間は知らないうちに罪を犯しているものだ。人間は常に他の人間とすれ違っている。だから分かり…

人間の役割

人はみんな何らかの役を演じて生きているのですね。 例えば、 子供の頃は「こども」の役を演じて生きている。 部活であれば先輩と後輩の役を演じる。 会社であれば上司と部下の役を演じる。 そうやって社会に出るとみんな何らかの役割を担うわけですが、人間…

個性と社会のルール

人間には個性というものがある。 個性とは自分自身が大切にしているかけがえのないもの。 しかし、その個性によって他人を傷つけてしまうことがある。 例えば、「交通ルール」 「自分の個性は車のスピードを出すことだ!」と言ってもスピード運転をしてしま…

Who will know …

誰が知っているんだろう? 誰があなたのことなんか知っているんだろう? 誰も知らない… 誰もわからない… 親があなたことを知っている? 友達があなたのことなんか知っている? 「本物のあなた」のことなんてみんな知らない… あなたも「本物の自分」なんてわ…

人間フィルター

人間は他人を見る時、属性によって分類する。 例えば、 明るい 頭がいい 人懐っこい などなど… 人間が他人を評価するのなんてそんなものだ。 しかし、人間を属性別に分けることなんてそもそもできない。 例えば、明るい人間がいたとしてその人は「明るく」他…

悲愴

私がこの世界で死んだら… 誰が私のことを知るのだろう? 私がこの世界から消えた時… 誰も私のことを知らず…何も残らない… 世界は私のことを承認せず回り続けるだろう… 希望なんてなく…絶望しかない… 私の目に映る現実はそんなもの… 見えるものはただそれだけ……

死んだ後の夢…

私は夢の中で死んだ。 死んだ場所は、海なのか湖なのか…よくわからない水の中… 私の体は時間をかけてゆっくり沈んでいき…深海に到達したと推測される。 私は死んだ…だけど意識はあるのだ…つまり、魂は死んだ場所にある。 人間は死んだ後、「あの世」に行くの…

普通の人生は楽?

みんなが思っている「普通の人生」を実践できる人はそれでいいと思う。 大事なのは「普通の人生」に対して違和感があるか…それともないか… 違和感がないのであれば「普通」と呼ばれていることをした方が幸せになれるんじゃないかなぁ~と… でも、…世の中には…

人生ゲーム

人生はゲームである。 勉強もゲーム。 仕事もゲーム。 子供も子供育成ゲーム。 世の中をゲームとして捉えていこう! 人生なんてどうせ意味なんかないんだし… ゲームと思っていろいろな経験をした方が知的好奇心が蓄積されて楽しいと思うのですよ。 子育てな…

自分の価値基準

人と比較する生き方はやめよう。 「これが好き」っていう自分の価値基準に任せて生きたほうが絶対楽しいと思う。 自分の道を突き進むということは「普通」から外れちゃうけど…まぁそれも人生の選択肢の1つなわけで…苦しいこともあると思うけど、「普通」が…

無理して会話を続けなくていい…

無理して会話を続ける人間関係なんていらない。 なんか…適当に話したい時に話して、別に話したくない時は話さなくてもいい… そんな人間関係の方が楽。 人間関係なんてみんな緩ーく適当に生きたほうが楽なんじゃないかなぁ~。 無理して会話しても意味なんかな…

息をしているだけ…

お金が貰えたとしても、息をしているだけ… 大学に合格しても、息をしているだけ… 友達ができても、息をしているだけ… 外へ出かけても、息をしているだけ… ただ毎日息をして生きているだけで、「おもしろく感じない…」 何をしていても、息をしているだけ…

楽しいとき、辛いとき

辛い時は「死にたい」と思うのに… 楽しい時は「死にたい」と思わないのはなんでなんだろう? 辛い時は「色んなこと」を考えてしまうのに… 楽しい時は「無心」になれるのはなんでだろう? 辛い時は「胸が苦しい」のに 楽しい時は「胸が高鳴る」のはなんでだろ…

春夏秋冬

春…出会いと別れが繰り返される季節 夏…気持ちが高ぶるようきな季節 秋…夏の終焉になんだか寂しくなる季節 冬…春が到来するまで自分を蓄えておく季節 春夏秋冬

まじめな人

まじめな人は今日もまじめに生きている。 まじめな人は決して目立つことがない。 目立つことはないけれど、とても立派な人間だ。 でも、世間の評価は良くもなく悪くもない。 なぜなら、世間の人はまじめな人に対して「何も思わない」からである。 まじめな人…

子供が授かる~子供を作る

昔はよく「子供を授かる」という表現を使っていたが、現代社会では「子供を作る」という表現に変遷している。このことからもわかるように子供を作るという行為が自然なものから計画的なものへ変わったということが言えるだろう。 世界は人口爆発によって人口…

花を眺めると…

「人間世界」に疲れ果てて花を眺めていると… 人間も捨てたもんじゃないと思う。 だって花の美しさを見つけたのは人間なのだから… 花を眺めると…

親達のプライド、子供達のプライド…

親にはプライドがある。 子供にもプライドがある。 人間だったらプライドはあるものなんじゃないかなぁ~。 子供達は思春期になるとプライドが必要になる年頃だろう… 例えば、人間関係、学校の成績、部活動… 子供達は「自分を守るため」にプライドを持つ。 …

1日8時間労働+残業はいくら何でも長すぎる…

そもそもなんで法定労働時間が8時間と設定されているのかよくわからない。 8時間労働が適正だというのか? 加えて、日本企業では8時間+残業という労働モデルになっているわけだが、いくら何でも労働時間が長すぎる。 例えば、9時から18時まで働いて、残業し…

思想変遷

10代の人間は「みんな平等」だとくだらない正義感から共産主義に傾倒し… 20代の人間は「労働というものを開始し…」資本主義に迎合し… 30代の人間は「ある程度の富を手に入れたことで…」純粋者をきどり… 40代の人間は「このままでいいのか?」と迷い人になり……

都会は息苦しい…

東京に来て思ったのは都会はとても息苦しいということだ。 部屋にいてもその息苦しい雰囲気が外と同様伝わってくる。 その息苦しさが私を襲う… 「苦しい」「苦しい」「苦しい」… 「辛い」「辛い」「辛い」「辛い」… 「頭が痛い」「頭が痛い」「頭が痛い」「…

なんで大人にならないといけないの?

Q「なんでおとなにならないといけないの?」 A「大人にならないと生きていけないから。」 Q「なんでおとなにならないと生きていけないの?」 A「大人と戦えるのは大人だけだから。」 Q「なんでおとなは戦うの?」 A「大人は競争社会の中で生きているから。」…

人との交わり

人と交わろうと思っても交わることができない。 「人間は怖い」「人間は何を考えているかわからない」「人間と関わるのは辛い」 いつも相手の気持ちのことを考えてしまう。 相手の気持ちなんかいくら考えてもわからないのに考えてしまう。 その反動でいつも…

善と悪

人の心に善と悪がある限り… 科学、政治、宗教、神羅万象様々なものに善と悪とができてしまう。 だから、人は間違える…戦争や犯罪… でも、戦争を起こした人達が本当に悪いのだろうか? 犯罪行為をした人だけが本当に悪いのだろうか? 最近そう考えるようにな…

弱者…

弱者は所詮弱者のまま… 弱い者同士が助け合う?そんなものは荒唐無稽な小説や漫画の世界… 現実は弱者が弱者を助けることなんてない… 弱者を助けるのは強者だ… 弱者を助けている人間は悟ることだろう…「見返りがないことに対して不満を持っている自分がいるこ…