<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

時給が上がるという罠

時給が上がると単純にうれしいと思うものですが、時給が上がると困る人とそうでない人がいたりします。例えば、ある店の時給が上がりました。時給が上がると当然ですが、人件費が上がります。人件費がかかる場合体力のある店であれば、いいのですが、このご時世不景気なわけで…体力のない店の方が多いと思います。で、このような体力のない店が人手不足で時給が上がったとするのであれば雇用が少なくなるということです。雇用が少なくなるということはそれだけその職を得ること難しくなるということです。優秀な人間であれば時給が上がってうれしい!で終わるですが、あまり優秀ではない人は雇用の機会が奪われてしまうのです。日本の人材競争は労働者の雇用を奪うのかもしれません。