<head>
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuNETの追憶 https://twitter.com/kazu51311101

中央大学に通う大学生のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

お金と労働の関係

お金は何が起きるのかわからないので一応持っておいたほうがいいと思いますが、お金を無駄なものに使うことには反対です。

私はお金を使うことが好きじゃないので、そもそも物を買う習慣がありません。物を買ったら何らかの家にある物を捨てなければいけないので正直めんどくさい。

私は昔からずっと、時給700円で換算して物事を考えるようにしています。例えば、700円の商品を買うときに、これは1時間分働く価値が本当にあるのか考えてしまいます。(笑)

もし、買うにしてもこれは減価償却した時にこの商品を好きでいられるの?とか本当に使うの?とか真剣に考えてしまうのです。

買わなかったときは、「1時間働かなくてよかった!(笑)」と、得した気分になります。(笑)

加えて、思考を少し変えてみたりします。(笑)

例えば、特急の電車に乗る機会が皆さんにもあると思いますが、特急列車には普通席、指定席、グリーン車という料金に階級があったりします。普通席の料金が5000円、指定席の料金が7000円、グリーン車の料金が10000円とした時に私は普通席を選択します。もしグリーン車に乗った時は10000円を払わなければいけません。で、普通席に乗ったのならグリーン車に乗らないで済むので5000円もらえると私は思ったりしちゃうんですよね。(笑)

てことで、こんな風に思考を変えたり、お金と労働の関係を考えれば、自分にとってお金がどれだけ大事なのかがわかるのではないでしょうか?