<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

インターネットとリアル

インターネットは需要と供給の問題で、すべての人間が幸せな生活をしていたら、インターネットで暇つぶしをする必要は別にないと思うんですよ。

リアルで幸せの居場所があって幸せを感じているのであれば、インターネットに時間を使うということは、現実社会にどこか不満を感じているからじゃないんでしょうか?

そうなのであれば、今のリアルがどれだけ生きづらいかという問題で、例えば、職場との人間関係とか、いじめでひきこもるとか様々な悩みを現代人は抱えていると思うのですが、あまりにもリアルの居場所が少なすぎると思うのです。居場所が複数あればインターネットに逃避する人はそんなにいないのではないでしょうか?

であれば、インターネットを使って、他の人と交流してリアルで居場所を複数作るのが正解だと思います。