<head>
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazuNETの追憶 https://twitter.com/kazu51311101

中央大学に通う大学生のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

幸せな人の部屋と不幸せな人の部屋

幸せな人がいる部屋と不幸せな人がいる部屋に分けたとします。

不幸せな人の部屋では皆が世の中の不平不満をこぼします。不平不満を皆がこぼすから部屋の雰囲気はとても悪い。

幸せな人がいる部屋はどうでしょう?幸せな人がいる部屋でも世の中の不平不満を皆が持っています。しかし、不幸せの人と違って愚痴をこぼしたりはしません。愚痴をこぼしたとしても部屋の雰囲気が悪くなることを理解できているからです。

さてさて、食事の時間がやってきました。幸せな人の部屋と不幸せな人の部屋に豪華な料理が並んでいます。しかし、この料理を食べるのには条件があります。この料理は部屋の人間と協力してお互い料理を食べさせあわなければ食べることができません。この食事を一人占めしようとしたらその豪華な料理は消えてしまいます。

では、部屋の状況を見てみましょう。

不幸せな人の部屋では皆が必死に豪華な料理を奪い合っています。その結果、豪華な料理は消えてしまい、何も食べることが出来ませんでした。

では、幸せな人の部屋はどうでしょう?

幸せな人の部屋は皆が協力をして豪華な食事を食べることが出来ました。皆満足そうな顔をしてとても幸せそうです。

幸せな人の部屋でも不幸せな人の部屋でも、世の中の条件は変わりません。
しかし、2つの部屋には違いがありました。不幸せな部屋の人間は自分の事ばかり考えて行動していました。幸せな部屋の人間は相手のことを考えていました。その違いが幸せと不幸の違いを生んでいたのですね。

他人のことを考えていたら自分も幸せになれる。
この心のあり方が人を豊かにすると思うのです。