<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

そんなに人と違っていて悪いですか?

電車に乗っていた時、隣に障害を持った方がいた。
その障害者は健常者とは違う。その「違う」という認識をしているのは誰か?それは電車に乗っている健常者達だった。

「自分とは違う…障害者なんだ…」と健常者が認識したその瞬間から差別が引き起こされていく…
電車の中にいる人間達は障害者を見る時の表情が健常者を見る時の表情とは全く異なっていた。憐れむように見ている人もいれば目をそらす人もいる。皆個性的な反応をする。しかし、共通していることがある。それは健常者と障害者との間に溝をつくっているということ…
人間は異物を排除してきた歴史がある。ホロコーストをやったり、白人が黒人よりも優遇されてきたり、雇用問題だって正規と非正規では格差があったりする。いじめだってそうだろう…

人間は異物を排除して自分は「そいつらとは違う」という証明をすることによって優位性を確保してきた。
電車に乗っていた障害者はいったい何をしたというのでしょうか?何もしていない罪のない人間を世間は冷たくあたる。そんな社会が本当にいいのだろうか?そんな国で本当にいいのだろうか?
そんなに人と違っていて悪いですか?…