<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

人間の表現における表情

基本的に人間の表現は欠落している。

「嬉しい」と心の中で思っていてもそれを他者に表現するためには表情が必要である。

なので、人間は欠落した部分を少しでも埋めようと頑張る。

大抵の人間は自分を良く見せたものだ。

そのためには表情が欠かせない。

その表情の「出来」、「不出来」で相手からまともに思われるかまともに思われないかが決まる。

要するに、人は見た目でしか判断ができないのだ。

だから、人は悩む。だから、人は苦しむ。

自分の感情がうまく表現できない人間は社会から断絶させられる。

自分と他人との間を取り持つもの…それが人間の表情なのではないだろうか?

私はそれが苦手だ…