<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

たかが言葉、されど、言葉…

言葉=恐怖だ。

言葉を発した瞬間、自分の心から切り離されて他者に届いてしまう。

それがとても「怖い」。「他者を傷つけてしまうのではないか?」「他者からどう思われているんだろう?」と気になってしまう。

言葉というものは責任が伴うものなんです。

自分という「内部」から他者へ「外部化」するものが言葉だと思うし、それが他の動物とは違う「力」でもあるのかなぁと…。

その「力」によって誰もが傷つける可能性、傷つけられる可能性がある。

言葉の匙加減は極めて難しい。

人間には様々な価値観、感受性がある。

対話していくには「言葉」や「表情における表現」によって人間関係を形成しなければいけない。私はそれがとても苦手だ…

言葉の匙加減の微調整は人間としてやっていくための永遠のテーマなのかもしれない。

たかが言葉、されど、言葉…