<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

私はダメ人間…

私は小学生の頃からダメ人間だった。

朝が起きられない…そして決まった時間に学校に行くのが苦痛で仕方がなかった。

学校では学校のルールに適応することや友達を作ることが苦手だった。

世の中の「普通」から外れて自由に生きたいと子供ながら思っていた。

学校は苦手だったけど学校を辞めるほどの勢いがあるわけでもなく、何となく周りに合わせて生きていた私は「何のために生きているのか」悩むようになっていった。

転機が訪れたのは高校卒業後。私は東京の大学に進学した。

「生まれたこの土地で生活するよりも東京に行けば何か得るものがあるのではないか?」そう思い、思い切って上京した。

東京には私のようなダメ人間の宝庫だった。(笑)
大学には行かず、パチンコや競馬に勤しんでいる人、毎日アルバイトばかりしている人、街を歩くと変な人がごろごろいた。

東京に来て気付いたのは「自分はそんなにダメ人間ではないのかもしれない」ということだった。

色んな人間と会う中で私と同様、様々な悩みを抱えて生きている人の存在を知ることができた。それが何とも心地よかった。

「少し自信が持てた。」私はそう思うようになった。

そうは言っても、自分自身が短所だらけの「ダメ人間」なのは理解している。

頭はよくないし、他人と同じことをするのが苦手だし、先生の言うことを理解できないし、ミスはよくするし、利己的で他の人間に対して配慮がないし…

短所を数えたらキリがない。…
だけど、上京してから自分よりも辛い人生を生きている人が大勢いることを知った。私と同じように「普通の人生」に縛られて生きている人。「お金」がなくて毎日死に物狂いでアルバイトをしている人。全くモテない人。…

自分よりも悲惨な人生を歩んでいる人がたくさんいることに驚愕した。

私は悟ってしまった。「結局、ダメ人間はダメなままなんだと…」

そう思った私は目を閉じてから深呼吸をした。

その後考えた。「自分はどんな生き方をしたいのかと…」

今は毎日、本を読んだり、ブログを書いてたりするだけで幸せっていうか…「今の幸せが私の幸せ」だというか…

最近は今の自分でもいいのかもしれないと…自己肯定と自己嫌悪の中間に自分がいる感じがする今日この頃。…

私はダメ人間…