<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

移動が感動?

20世紀は「移動」が「感動」だったと思うのですね。

例えば、

新幹線は「夢の超特急」だと言われていたり…

ライト兄弟は「人類の夢」だった飛行機の発明をしたり…

移動手段が画期的になるというのは「人類の希望」であり、人々は高揚し感動したと思うのですね。

しかし、21世紀になるとそれは当たり前のことになってしまって「移動」に感動しなくなってしまったと思うのですね。

なので、これからの移動においては「新しい価値」を提供しなければいけないと思っていて…

例えば、少子高齢化労働力人口が減少すると通勤電車の需要が減少するわけですが、その減少した需要を取り戻すために「新しい価値」の提供が必要になってくるんですね。

その「新しい価値」とは何なのか?

それが「新たな感動」だと思うのですね。

人類が進歩すれば「感動」も変わってくるので、その「感動」がどこにあるのかを見つけられた個人や組織は強いんじゃないかなぁ~と思うのです。

 

移動が感動?