<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

日本の働き方改革なんてものは欺瞞だ。もう会社になんて行きたくない。

寒気がする。

身体が痛い。

死にたい…

なんのために生きているのかわからない。

働くために生きる毎日。

会社論理で生きる人間。

転勤は当たり前、出向は当たり前、残業は当たり前、そんな当たり前を受け入れている日本人…受け入れることが当たり前だと思い、押し殺している日本人…

労働者を総合職採用という何をするかわからない職業に就かせ、労働者を苦しめる。

総合職採用こそ新卒で入った新社会人を苦しめる正体だと思う。

こんな採用をするからミスマッチが起きる。

こんな採用をするから若者が辞めてしまう。

日本企業の求人詐欺もとても酷い。

例えば、月収20万と書かれた求人を見て基本給が20万なのか基本給+残業代が20万なのかを識別できる人間なんて存在しない。

例えば、週休2日制と書かれた求人を見て完全週休2日制なのかただの週休2日制なのかを識別できる人間なんて存在しない。

日本企業の求人ははっきりいって詐欺だ。

そんな求人に振り回されて不幸になっている労働者がどれほどいるか私は考えるだけで吐き気がする。

それに日本の働き方改革なんてものは欺瞞だ。

そもそも論として日本人の契約意識は茶番だと思う。

9時出社と出社時間が決まっていたとしても退社時間が曖昧だったり、タイムカードを押さずに仕事を続けたり、この国の人間は頭がおかしいのかとニュースを見たりすると思う。

そんな国が働き方改革をするなんて滑稽でしかない。