<head>

kazuNET https://twitter.com/kazu51311101

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

他人を羨ましく思っていても仕方がないわけで…

他人を羨ましく思っていても仕方がないわけで…

例えば、自分よりも容姿のいい友達…

    自分よりも頭のいい同期…

    自分よりも年収が高い同僚…

自分と関わる他者には必ず今の事例のような「自分よりも優秀な人間」が存在していると思うのですね。

他人と比較して幸せは感じる人間は99%不幸になってしまいまう。なぜなら、上には上がいるから。

だとすると、他人と比較して幸せを感じる価値観をやめて、自分にとっての幸せの定義を定めて生きたほうがいいと思うのですね。

例えば、年収が300万円の人がいました。年収300万円の人は年収においては400万円貰っている人には勝てないわけですよ。これは仕方のない現実なわけです。

であれば、年収400万円だろうが、年収1000万円だろうが、比較しても意味がないわけです。

大事なのは年収300万円で自分は満足しているのかしていないのかが問題で…

300万円で満足しているのであれば幸せだし、300万円で満足していないのであればもっと働いて稼げばいいし…自らが幸せを定義して選択をすることが重要だと思うのです。

要するに、他人と比較しても現状は変わらないわけです。

他人と比較してもイケメンになれるわけでも、美女になれるわけでも、お金持ちになれるわけでもないですから…