<head>

kazuyanetwork

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

小さい頃からの違和感…学校なんて別に行かなくていい。

私が小学生に上がる前、ひらがなを書くことや漢字に挑戦することがとても好きだった。だけど、それが小学生になると、授業の一環として、文字を書くことを強制的にやらされることには違和感でしかなかった。私は単純に楽しいからやっていたのに…

今から振り返ると学校の教育システム、教科書、先生、儒教的な思想、規則、様々なものに対して疑問に感じてしまう。

例えば、テスト。

日本のテストは減点方式を採用しているため、ミスをせず迅速に物事を処理できる人間が優遇され、評価される。

私のように、壁にぶちあって環境を変えたり、生き方を模索しているような人間には不利なシステムだし、社会からもなかなか評価されないだろう。

たぶんだけど、学校や社会で評価されていない人間は私の他にも世の中にはたくさんいると思う。

不登校の問題だって、上記で記した教育システムが問題だと思う。

私自身学校に行く意味が見いだせていなかったし、今思い返せば無駄な時間だったと思う。だから、別に学校に行きたくなければいかなくていいと思うし、むしろ「学校に行きたくない…」という感情を持ち続けることが大切な気がする。

学校に大切なものがあるというのなら学校に行けばいいし、学校に行きたくないなら別に行く必要はない。ただそれだけ…

人間なんて本当に嫌なことからは逃げるべきだし、それがわがままというのならそれは社会システムや教育システムの問題だと思うし、別に当事者の責任じゃない。

日本の社会は人間関などが閉鎖的になるもの。だから、その環境から逃げる権利は誰にでもあるべきだと思うし、今の環境に固執せず新しい環境を見つけてまた頑張ればそれでいい。

社会に負けてもいいけど、自分の感情には素直に…