<head>

kazuyanetwork

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

いい人ほど仕事を辞めれない

いい人ほど仕事って辞めれないと思う。

例えば、他の人が欠勤した場合、その代わりに入ってと言われれば、いい人は仕事しちゃうと思う。

そんな感じで、いい人って仕事しちゃうし、仕事を辞めたいと思っても、「自分が辞めたら迷惑かけるんじゃ~」と思ってしまって、なかなか辞めれない人ってたくさんいるんじゃないかぁ~。

日本人のメンタリティとして仕事を辞めれない空気感や価値観は存在すると思う。

他人のために頑張るということが仕事だとすると日本人の働き方は他人に尽くすことが当たり前だろ?みたいな強迫観念が先行しているような感じがする。

確かに、他人に尽くすことは素晴らしとは思うけど、それが自己犠牲になっているような気がしていて気持ちが悪い。

そんな日本人のメンタリティが蔓延しているせいかはわからないが、働きすぎによる「過労死」が社会問題になっている。

何年か前に電通の女性社員が亡くなったが、彼女のような優秀な人ですら、仕事を辞めるという選択を取ることが出来ずに亡くなってしまった。

それは彼女の自己責任だ!という意見をネットかなんかで見た気がするが、自己責任だというのならこの国のシステムがおかしいと感じてしまう。

そもそも論として、仕事が辛い=死ぬという選択肢はありえないわけで、それの対策としてセーフティネットを敷いていない国のシステムの問題は否定できないだろう。

それとネットの気になる意見として、「会社が嫌ならやめればいい」と言う意見をよく耳にするが、私もその意見にほぼほぼ同意なのだが、その意見が成立するのって当事者が健康で適切な判断ができるというのが前提だと思う。

適切な判断が出来ないのにもかかわらず、会社を辞めれるかと言われれば、行動に移す気力や判断はできない。

だから、そうなる前に誰かしらに相談ですることが大切かも。

それは親でもいいし、友達でも恋人でも誰でもいいと思う。

本人が一生懸命生きていればいいわけだし、別にそれで生きていけないならそれは会社や国が悪いだけで、本人の責任じゃないし…一人一人でできる限りのことをしていればもうそれでいいと思う。

自分の気持ちに素直にね。