<head>

kazu666network

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

人と会うのが怖い SAD(社会不安障害)

人と会うのが怖い。

先月私はSAD(社会不安障害)と診断された。

そもそも私はSADという言葉じたいを知らなかったのでピンとこなかった。

SADとは人と会うのを拒絶してしまい鬱などの二症状がでてしまうらしい。

自分にこんな障害があったなんて…と一瞬思ったが、過去を振り返ると人と会うのを拒絶していたことはたくさんあった。

学生時代、「先生におとなしい」と言われるぐらい他の人とはできるだけ避けるようにしていた。なぜなら、私は人がそんなに好きではなかったからだ。

人間生きていると、噂話の一つや二つはあるものだ。

だけど私はそんな噂話をして他の人の悪口を言ったりする罪悪感に耐えられなかった。

学校では暗黒のヒエラルギーがあるのだろう。

そんな階層に組み込まれることに対しても気持ち悪さを感じていたし、できるだけ関わりたくなかった。

その結果「先生からは無口でおとなしい性格」と評価されていたと思う。

だけど、学生時代は人とそこまで関わることを強要されなかったためSADの症状はあまりでなかった。

自分自身SADの症状があると認識したのが、社会人になってからだ。

社会人になると学生時代は別に嫌な人とは関わらなくていいのに会社では利害関係が出てくるので関係性が深くなってくる。

私はそれがとても息苦しかった。

社会で出ている以上は色んな人間と関わらなければいけないし、理不尽な要求もされることもある。

そんな環境で毎日生きていると自分と向き合うのも辛くなっていき、不安障害を引き起こした。

毎朝仕事に行こうと思っていても体が動かない。

せっかくの休みなのに友達と遊びに行こうと思っても体が動かない。

「なんで自分はこんなに駄目な人間なんだろうと思ってしまう。」

体が動かないからごはんや掃除、身の周りのこともできなくなってしまって段々やせ細っていった。

この時、自分の状況を客観的に振り返ると、体は動かないし頭で何も考えることができないから本当に何もできなかった。

何もできない時、何かができるということはとても幸せなことだと思ったし、はやく回復したいと心の中で願望が芽生えた。

現在は薬飲みながらリハビリをしている。

その薬の副作用でめまいや吐き気はするのだが、人との対人恐怖症が治るのであればあまり苦には感じてはいない自分がいる。

今は目標を決めて向き合っている。

①少しずつでいいからまずは日常生活を元通りに戻す。

②人と会話ができるように頑張る。

③自分から積極的に話しかける。

上記を目標にこれから歩んでいきたい。