<head>

kazu666network

中央大学を卒業してなんとなぁ~く生きている人間のブログです。(笑)気楽にアクセスしてくださいね。

発達障害の歩み方 ~自分と発達障害~

発達障害が何かとメディア露出してきた昨今、あなたの職場にも「この人発達障害かも?」と思う人はいるかもしれない。

今回は発達障害になった側の人間(私がなりました。)のことをダラダラ書いていきます。

私はADHDなのですが、仕事をしていると複数な仕事を並行して行うことが困難なのです。いわゆるマルチタスクが苦手、できないということなのですが、これは努力とかそんゆう問題ではなくできません。頑張ってもできない。

だから、上司から叱責を受けることもありました。

大事なことは職場に発達障害の理解があるかないかなのですが、当時私は発達障害だとは自覚しておらず職場にも当然伝えていなかったことが生き苦しさを助長していたと思います。

発達障害って自分がまさか「発達障害なんて…」みたいな実感しか私にはなくて、別に日常生活に困ってる?仕事では迷惑をかけるけど…ぐらいな感覚値でしかなかったんですよね。

だけど、1つだけ思っていたことは「自分はダメな人間なんだ」とか「自分は他の人とは違う」とかそんなことを小さい頃から思っていたことかなぁ~と。

単刀直入にいいますと、私漢字を覚えたりするのがとても苦手でして…とても苦労したんですよね。(笑)

小学4年生ぐらいに50問ぐらいの漢字のテストがあったんですけど、そのテストは満点を取るまで追試が続くという私にとっては地獄のようなテストでして…何度もノートに常用漢字を書くんだけど、その書いた漢字をいつの間にか忘れてしまい、テストでも書けず、何度も不合格になってしまいました。他の人を観察すると私と同じぐらいの勉強時間で合格になっていくのを見て「なんて自分は頭が悪いというか覚えが悪いというか…私は駄目な人間なんだ」と頭に刻まれました。

そんなこんなでなんとか中学、高校、大学までなんとか進学したんですが、個人的には「中学も本当に卒業できるのだろうか?」と思うぐらい悩んでいました。

そして、社会人。

社会人は今までとは違ってお金を貰って自分の価値を提供しながら生活していかなくてはいけないわけで…

だけど、社会が要求していたのはマルチタスクができる人間だったわけだ。

完全な社会とのミスマッチというか自分がダメな人間だから社会とうまく付き合えないというか…少し悲しい気持ちになったりもしましたが、自分の価値はなんなのかを見つけて生きていくしかないんですよね。(笑)

私の長所はマルチタスクは苦手だけど集中力や色彩感覚だと思っていて、自分の長所に合った仕事や社会とうまく付き合う方法を見つけていくことが発達障害とうまく向き合う手段だし、自分から生きやすい環境を選択して人生を歩んでいくことが大切なのだと思う。